top of page

【京都】ドローンの国家資格・二等操縦士とは?資格内容や活躍の場を解説

ホーム > コラム一覧 > ​【京都】ドローンの国家資格・二等操縦士とは?資格内容や活躍の場を解説

head-mv-08.jpg

【京都】ドローンの国家資格・二等操縦士とは?資格内容や建築・農業などの活用分野を解説

近年、ドローンが様々な分野で活用されるようになり、その重要性が高まっています。建築や農業、インフラ点検などの産業利用に加え、災害時の被災地調査など公共分野でも幅広く利用が進んでいます。

こうした中で、ドローンの安全な運航を担保するための国家資格制度が整備されました。こちらでは、その中でも需要の高い「二等操縦士」の資格内容や活躍の場を中心に解説していきます。京都でドローンの資格取得を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

ドローン二等操縦士の国家資格とは

◇ドローン操縦士の国家資格とは

 

ドローンの操縦に関する国家資格は、2022年12月5日に「無人航空機の操縦者技能証明制度」として開始されました。従来は民間資格しかなく、国土交通省への飛行許可申請手続きが必要でした。

 

この国家資格には、一等操縦士(一等無人航空機操縦士)、二等操縦士(二等無人航空機操縦士)の2つの等級があります。国家資格を取得することで、一定の飛行に関して国土交通省への申請が不要になるなどのメリットがあります。業務でドローンを活用するうえで、国家資格の取得は重要な意味を持っています。

ドローン二等操縦士の国家資格とは

◇二等操縦士が許可される飛行範囲

 

二等操縦士の資格を取得すると、以下の飛行が可能になります。

 

◆許可不要の飛行範囲

・DID地区上空飛行

・目視外飛行

・夜間飛行

・人・物件との距離30m未満の飛行

 

◆許可が必要な飛行範囲

・空港周辺飛行

・高度150m以上の飛行

・イベント上空飛行

・危険物輸送

・物件投下

 

つまり、目視外飛行や夜間飛行など、従来は許可が必要であった飛行が、二等操縦士の資格があれば申請なしで可能になります。ただし、高度制限や危険物の輸送など一定の規制は残ります。

◇一等操縦士との違い

 

ドローン二等操縦士と一等操縦士の大きな違いは、飛行可能な範囲です。

前提として、ドローンの飛行形態は一般的に以下の4つのレベルに分類されます。

 

・レベル1:目視内での手動操縦飛行

・レベル2:目視内での自動または自立飛行

・レベル3:無人地帯での目視外飛行(補助者なし)

・レベル4:有人地帯での目視外飛行(補助者なし)

 

一等操縦士はレベル1~4までの飛行が認められており、有人地帯上空での目視外飛行であるレベル4飛行も可能です。一方、二等操縦士はレベル1~3の飛行のみが可能です。レベル4飛行を行うには、一等操縦士の資格と国土交通省からのドローン認証が必要となります。一等操縦士の取得には、まず二等操縦士の取得が前提となり、一等操縦士試験の難易度や費用は二等操縦士よりも高くなります。

◇二等操縦士がおすすめの方

 

◆ドローン初心者の方

二等操縦士は、ドローン操縦に必要な基本的な知識と技術を幅広く網羅した資格です。ドローンの仕組みから操縦方法、法令遵守まで、ドローンを安全に飛ばすために必要な知識を学ぶことができます。初めてドローンに触れる方でも、二等操縦士の資格を取得することで、安心してドローンを楽しむことができます。

 

◆ビジネスでの活用を考えている方

近年、ドローンを活用したビジネスが急増しており、農業、建設、インフラ点検など、様々な分野でドローンによる効率化が進んでいます。

二等操縦士の資格があれば、国家資格という客観的な評価基準を満たしていることで、ビジネスに携わるうえで信頼性を得ることができます。また、二等操縦士の資格で学んだ知識と技術は、幅広い業務に活かすことができます。

 

◆ドローンの国家資格が欲しい方

ドローンの資格には、民間資格も含めると様々な種類がありますが、法的に必須とされている資格はありません。しかし、国家資格である二等操縦士の資格を持っていれば、依頼主から信頼を得やすくなります。また、国家資格という客観的な評価基準を満たしていることで、自身のスキルや知識の証明にもなります。

 

二等操縦士は、ドローン初心者の方、ビジネスでの活用を考えている方、将来的にドローンを仕事にしたい方、とにかくドローンの国家資格が欲しい方におすすめの資格です。

二等操縦士の資格を活かせる分野

◇建築分野での活用事例

 

建築分野においてドローンは有効に活用されています。建物の点検作業は人が行うと高所作業になるため、危険が伴います。そこでドローンを活用すれば、遠隔で安全に点検できるメリットがあります。

建築現場でのドローン活用例は以下のとおりです。

 

・建物の外壁点検

・高所の作業状況の確認

・空撮による工事の進捗管理

 

このようにドローンの活用で、効率的かつ安全に建築現場の作業を行えます。建築業界でもドローンの導入は今後ますます進むと考えられます。

二等操縦士の資格を活かせる分野

◇農業分野での活用事例

 

農業分野におけるドローンの活用は、人手不足への対応や生産性の向上など、様々な恩恵が期待できます。具体的には以下のような活用例があります。

 

・農薬散布:ヘリコプターによる防除事業を補完し、ドローンによる農薬散布を行う

・肥料散布:人が立ち入りにくい中山間地域で、上空からの肥料散布にドローンを活用

・播種:水稲の直播作業にドローンを活用する

・受粉:果物の受粉作業で、花粉溶液をドローンから散布

・鳥獣被害対策:農作物への被害対策として、シカやイノシシの生息地域や行動をドローンで空撮

 

このように、従来の人手作業が困難な場所や、危険を伴う作業においてドローンが活躍するでしょう。ドローン活用により、農業分野での省力化や効率化が期待できます。

◇その他の活用分野と具体例

 

ドローン二等操縦士の資格は、建築や農業分野の他にも様々な業種で活用できます。

 

・インフラ点検:老朽化したインフラ設備の点検に、人力では難しい高所や狭隘部を効率的に点検できます。

具体例:橋梁点検、風力発電設備の点検、電線の点検など

 

・測量・観測:広域の測量や環境観測など、従来の作業に比べてコストを大幅に抑えられます。

具体例:土地の測量、災害現場の観測、気象観測など

 

・物流・配送:ドローンを活用した配送サービスの実用化に向けて実証実験が進められています。

 

・救助・防災:災害発生時の被災地の状況把握や、救助物資の搬送などの活用が期待されています。

 

このように、様々な分野でドローン二等操縦士の資格を活かせる機会が生まれつつあります。

京都でドローンの二等操縦士を目指すならFREEBIRDドローンスクールへ

 

ドローン二等操縦士の国家資格は、ドローンの活用が広がる中、その重要性がますます高まっています。特に近年では、建設現場での空撮や農地の調査など、その活用範囲が拡大しつつあります。今後、AIやIoT技術の進展とともにドローンの運用はさらに広範囲に及ぶものと考えられます。そうした中で、国家資格を持つドローン操縦士の存在価値は高まり続けるはずです。

 

FREEBIRDドローンスクールは、一人ひとりに寄り添った丁寧な指導と実践的なカリキュラムで、あなたの夢を叶えるお手伝いをいたします。

 

◇個々に合わせた丁寧な指導で確かなスキルを習得

FREEBIRDドローンスクールでは、マンツーマンでの実技指導を基本としています。経験豊富なインストラクターが、一人ひとりのレベルや理解度に合わせて丁寧に指導します。ドローンの操作に苦手意識がある方でも、個々に合わせた指導で確実にスキルを習得することができます。

また、Eラーニングを導入し、講義内容を自宅で復習することができます。時間や場所に縛られずに学習を進め、より効率的に資格取得を目指せます。

 

◇実践的なカリキュラムで即戦力となる人材を育成

FREEBIRDドローンスクールのカリキュラムは、実際の現場で役立つ知識と技術を習得できる内容になっています。座学だけでなく、屋外での実地訓練を充実させ、実際の操縦環境に慣れることができます。

 

体験説明会では、ドローンの操縦体験やコース内容、費用、資格取得の勉強法など、詳しくご説明いたします。ドローンで未来を拓きたいというあなたのご参加をお待ちしています。

【京都】ドローン資格・ドローンスクールに関するコラム

【京都】ドローンの国家資格はFREEBIRDドローンスクールへお問い合わせください

 

会社名    :株式会社FREEBIRD

スクール名  :FREEBIRDドローンスクール

住所     :〒612−0000 京都府京都市伏見区向島柳島1番地 JPD京都ヘリポート

電話番号   :070-9068-8784

対応時間   : 9:30~18:00

メールアドレスinfo@freebirdjapan9.net

URL     :https://www.freebirdjapan9.net/

bottom of page