top of page

【京都】ドローン講習・資格取得にかかる費用は?費用を抑える方法も解説

ホーム > コラム一覧 > ​【京都】ドローン講習・資格取得にかかる費用は?費用を抑える方法も解説

head-mv-07.jpg

【京都】ドローン講習・資格取得にかかる費用相場・費用を抑える方法を徹底解説

近年ではドローンの需要が高まるにつれて、ドローン資格の取得者も増えています。しかし、ドローン資格を取得するための費用がいくらかかるのかを知る人は多くありません。こちらでは、ドローン講習や資格取得にかかる費用について解説します。京都でドローン資格取得を検討している方の参考になれば幸いです。

ドローン講習・資格取得に必要な費用

◇ドローンスクールの料金相場

 

ドローンスクールの料金は、コースの種類やスクールによって大きく異なります。

一般的なコースの場合、受講料は5万円~30万円が相場です。

このほかに、入会金や資格申請費用、宿泊費・交通費、出張費用などが別途かかる場合があります。

ドローン講習・資格取得に必要な費用

 

無料体験を実施しているスクールも多いですが、中にはドローンの飛行体験に料金がかかる場合もあります。体験を受ける前に、料金について確認しておきましょう。合宿プランがあるスクールでは、食事代や宿泊費、交通費などが受講料に含まれている場合があります。短期集中でドローンスキルを習得したい方におすすめです。


 

◇国土交通省認定資格取得にかかる費用

 

国土交通省認定資格を取得できるコースの受講料は、以下のとおりです。

 

・JUIDA「無人航空機操縦技能証明証」:20~30万円

・DPA「ドローン操縦士回転翼3級」:25万円前後

・DJI「DJI CAMPスペシャリスト」:5.5~11万円

・DPCA「DRONEフライトオペレーター」:BASICコース:5.5万円、ADVANCED:9.9万円

 

上記の費用以外にも、技能認定料や技能認証発行費、更新料などが必要となります。また、コースによっては年齢や飛行経験などに条件が設けられている場合もあるため、受講を検討する前に確認しましょう。

さらに、それぞれの資格には有効期限が設けられているため、忘れずに更新する必要があります。

◇国家資格取得にかかる費用

 

国家資格の取得には主に以下の費用が発生します。

 

◆ドローンスクールでの講習費用

国家資格の講習費用は、受講生の経験の有無によって異なってきます。

初めて国家資格を取得する初学者の場合、スクールによって費用は異なりますが、二等操縦士で20~30万円、一等操縦士で80~90万円が相場となっています。

一方、すでに何らかのドローン資格を取得している経験者の場合、免除措置が適用されるため講習時間が短縮され、費用も安価になります。二等操縦士で約10万円、一等操縦士で約40万円程度が目安となります。

したがって一等操縦士を目指す場合は、まず民間資格か二等操縦士の資格を取得し、その後に一等操縦士の資格を取得するほうがトータルで約75万円と費用を抑えられます。

 

◆試験費用

ドローンスクールでの講習を受講すると、指定試験機関での実地試験が免除されます。しかし、スクール内での試験があり、その費用はスクールによって異なります。ほとんどの場合、初回試験費用は受講料に含まれていますが、不合格で再試験となると別途料金が発生します。再試験料金はスクールによって異なりますが、おおよそ15,000円前後が相場です。

一方、指定試験機関での受験の場合、試験費用は以下のとおりです。

 

ドローンスクールを受講すれば実地試験が免除されるため、この場合の受験費用は学科試験と身体検査の2つのみとなり、およそ15,000円程度と試算できます。

 

◆交付費用

国家資格の交付費用については以下のとおりです。

 

・新規申請:3,000円

・再交付申請:2,850円

・更新申請:2,850円

・限定変更申請:2,850円

・登録免許税(一等のみ):3,000円

 

国家資格の有効期限は取得から3年間で、期限までに更新が必要です。登録講習機関で更新講習を修了し、身体適性の基準を満たせば更新ができます。

ドローン講習・資格取得の費用を抑える方法

ドローンの資格を取得する過程でかかる費用は、予想以上に高くなることがあります。ドローン講習・資格取得にかかる費用を抑える方法として、主に以下の3点が挙げられます。

◇助成金・補助金の活用

 

ドローン資格の取得費用を抑える方法の一つが、助成金・補助金の活用です。国や自治体では、ドローン技術を学ぶための助成金や補助金が提供されています。これらの制度を利用することで、受講料の一部または全額をカバーできる可能性があります。ドローンの導入に利用できる主な助成金制度を紹介します。

 

・人材開発支援助成金:従業員に対する職業訓練等の一部を助成

・ものづくり補助金:中小企業者等が行う革新的サービス開発等を支援

・地方自治体助成金:各自治体独自の人材育成支援助成金

ドローン講習・資格取得の費用を抑える方法

 

助成金・補助金を活用することで費用の一部を助成してもらえるため、自己負担額を抑えられます。ただし要件があり、事前の申請が必要です。対象となる条件や申請期限など詳細を確認しましょう。


 

◇オンライン講習の利用

 

費用を抑える一つの方法として、オンライン講習の活用があります。対面での講習と比べて、オンライン講習は講師の人件費や施設費が抑えられるため、受講料が安価に設定されています。

オンライン受講のメリットは、自宅や職場からいつでも受講可能な点にあります。通学にかかる交通費がゼロになるため、費用を大幅に抑えられます。一方で実機を使った実習はできないため、一定の制約がつきまといます。費用対効果を考え、目的に合わせて上手く活用しましょう。

◇グループ割引・団体割引を検討する

京都でドローン講習を受けるならFREEBIRDドローンスクールへ!

 

FREEBIRDドローンスクールは、京都をはじめ山形・千葉・石川など全国にドローンスクールを展開しており、個々に合わせた丁寧な指導と充実したコース内容をご提供しています。

 

◇個々に合わせた丁寧な指導で確実にスキルアップ!

スクールの最大の特徴は、マンツーマンでの実技指導を基本としていることです。ドローンの操縦は、人によって得意不得意があります。FREEBIRDドローンスクールでは、一人ひとりのペースに合わせて丁寧に指導いたしますので、初心者の方でも安心して受講いただけます。

また、Eラーニングを導入しており、講義内容を自宅で復習することも可能です。

 

◇屋外での実地訓練で実践的なスキルを習得!

ドローンは、屋外で操縦するものです。FREEBIRDドローンスクールでは、全ての実地訓練を屋外で行っていますので、実際の運用を想定した実践的なスキルを習得することができます。

 

◇国家資格取得までサポートする充実したコース

一等操縦士、二等操縦士、一般操縦士の各資格取得のためのコースをご用意しています。

 

京都でドローン操縦に興味のある方は、ぜひ体験説明会にお越しください。体験説明会ではドローンの操縦体験や、コース内容、費用などについて詳しくご説明いたします。

 

ドローンスクールでは、一定人数以上で申し込んだ場合にグループ割引・団体割引が適用される場合があります。例えば、5人以上の団体申込で10%割引などの制度を設けているところもありますので、事前に確認しましょう。仲間と一緒に受講することで、一人あたりの講習費用を抑えられるだけでなく、お互いに切磋琢磨しながら技術を高め合えるメリットもあります。
 

【京都】ドローン資格・ドローンスクールに関するコラム

京都でドローン講習を受けるならFREEBIRDドローンスクールへ

 

会社名    :株式会社FREEBIRD

スクール名  :FREEBIRDドローンスクール

住所     :〒612−0000 京都府京都市伏見区向島柳島1番地 JPD京都ヘリポート

電話番号   :070-9068-8784

対応時間   : 9:30~18:00

メールアドレスinfo@freebirdjapan9.net

URL     :https://www.freebirdjapan9.net/

bottom of page