top of page

【京都】ドローン資格をスクールで取得!練習の基本と屋内・屋外飛行場の特徴

ホーム > コラム一覧 > 【京都】ドローン資格をスクールで取得!練習の基本と屋内・屋外飛行場の特徴

head-mv-04.jpg

【京都】ドローン資格をスクールで取得!ドローン練習の基本と屋内・屋外飛行場の特徴を解説

ドローン資格の取得にあたって、ドローン操縦の技術を身につけるためには、適切な練習環境を選ぶことが大切です。練習の基本として、安全運航と基本操作の習得、飛行環境の確認が欠かせません。また、練習の場所として、屋内と屋外の飛行場があります。それぞれの特徴をしっかり把握し、自分のレベルや目的に合わせて使い分けることをおすすめします。

こちらでは京都でドローンスクールを展開するFREEBIRDドローンスクールが、ドローン練習の基本的な心構えと、屋内・屋外飛行場の特徴を解説します。

ドローン練習の基本

ドローンを安全に操縦するには、基本的な心得と操作の習得が欠かせません。

◇安全運航の心得

 

ドローンの安全運航には、法令の遵守はもちろん、周囲の人々への十分な配慮が不可欠です。飛行エリアの確認、他の航空機や人々への接近防止など、安全運用のルールを厳守しましょう。

 

以下のような心構えが重要です。

ドローン練習の基本

 

・飛行前の安全確認

・第三者への影響を考慮した飛行

・緊急時の対応の事前準備

・ドローンの整備点検

 

基本的な心得を守ることで、事故やトラブルを未然に防ぐことができます。

◇基本操作の習得

 

ドローンの安全な飛行には、基本操作を習得することが不可欠です。基本操作とは、

 

・離陸・着陸

・上下左右への移動

・ホバリング(空中で静止する動作)

・旋回

 

などが挙げられます。これらの操作を確実に行えるよう、まずはシミュレーターを活用して練習するのが効果的です。その後、屋内飛行場で実機を使った練習を行います。低い高度での飛行に慣れた後、徐々に高度を上げていきましょう。

◇飛行環境の確認

 

ドローンの飛行環境を事前に把握することは安全運航に不可欠です。特に以下の3点に注意を払う必要があります。

 

・障害物の有無:ビル・電線・木などの障害物がないか、飛行エリアをあらかじめ確認しましょう。

・風の強さと方向:強風時は飛行を控え、風向きに応じて飛行コースを変更する必要があります。

・人の有無:飛行エリア周辺に人がいないかを目視で確認し、安全な距離を保ちましょう。

 

事前の環境確認を怠ると、ドローンの墜落や第三者への被害が発生するリスクがあります。コツコツと練習を重ねながら、安全運航に向けた環境把握を習慣づけましょう。

ドローン練習場の種類:屋内飛行場・屋外飛行場

◇屋内飛行場の特徴

 

◆初心者向けの安全な環境

ドローンを屋内で飛行させることは、安全面で大きな利点があります。屋内であれば、ドローンが制御不能に陥った場合でも、建物や人に著しい損害を与えるリスクが低くなります。屋内飛行場では基本的な飛行操作を学ぶことが可能です。広々とした空間が確保されているため、自宅の中よりも自由に飛行させられます。

さらに、飛行場によっては障害物が設置されていたり、夜間飛行の環境を再現できたりと、様々な状況でドローン操縦の訓練ができます。天候にも左右されないため、雨風が強い日でも練習を続けられるのも屋内飛行場の魅力です。

◆天候に左右されない

ドローンの屋内飛行場の大きなメリットは、天候に左右されずに安定した環境で練習できる点にあります。雨や強風など、悪天候時には屋外での飛行は危険を伴います。一方、屋内飛行場ではエアコンなどにより常に一定の空調環境が維持されています。そのため、初心者の方でも天気を気にすることなく、集中して基本操作の習得に専念できます。

ドローン練習には、段階を踏んで徐々に技術を高めていく過程が重要です。屋内飛行場であれば、天候に左右されずに計画的に練習を重ねることができ、着実に上達を遂げられるでしょう。

types-drone-practice-ranges.jpg

 

◆スペースの制約あり

屋内飛行場のデメリットは、飛行スペースに制約があることです。広さは飛行場によって様々ですが、概して狭く、十分な広さが確保できないのが課題です。さらに、柱や壁などの障害物が無視できません。安全のため、飛行経路に十分気をつける必要があります。

 

◇屋外飛行場の特徴

 

◆実践的な飛行が可能

屋外飛行場では、広々とした開放的な空間でドローンを自由に飛ばすことができます。障害物がない環境で実践的な飛行練習を重ねることで、操縦技術を確実に磨くことができます。

また、外で飛行させることで、風や気温、湿度といった自然環境の変化が操縦感覚に与える影響を実感できます。仕事の現場では季節を問わず、様々な環境下で飛行させる必要があります。そのため、実際の飛行現場と同様の条件で練習を重ね、天候の変化にも柔軟に対応できる技術を身につけることが重要です。

 

◆広い空間が確保できる

屋外飛行場では、広々とした空間でドローンを飛行させることができます。開放的な場所で飛行させることで、ホバリングはもちろん、前後左右への移動や旋回などの基本操作を思う存分練習できます。さらに、ドローンの飛行性能を活かした遠距離飛行や高度飛行も可能です。風の影響を受けるため、実際の空撮などの運用で求められる操縦の練習にもなります。

 

◆天候リスクがある

ドローンを屋外で飛行させる場合、天候の影響を受けるリスクがあります。

 

・強風:ドローンは軽量なため、強風に煽られると思わぬ方向に流されやすくなります。風速5m/s以上では飛行を控える必要があります。

・雨:雨に濡れるとドローンの電子機器が故障するおそれがあり、大雨の場合は飛行を中止する必要があります。

・積雪:雪が積もった場所での離着陸はリスクがあります。雪が積もっている場合は飛行を控えましょう。

 

このように、天候によってはドローンの飛行が困難になる場合があります。屋外飛行の際は天気予報を確認し、安全運航に努める必要があります。

京都で屋外ドローン飛行場完備のスクール!FREEBIRDドローンスクール

 

ドローンの練習は屋内外の練習場所を使い分けることが大切です。屋内で基本的な操作を習得した後は、屋外で本格的な飛行訓練を行うのがおすすめです。ドローンスクール選びでは、屋内だけでなく屋外練習にも力を入れているスクールがよいでしょう。ドローン操縦は高い技術が必要です。適切な練習を経てドローン資格取得を目指しましょう。

 

FREEBIRDドローンスクールは、京都でドローン操縦士の資格取得をサポートするスクールです。初心者から経験者まで、一人ひとりのレベルに合わせた丁寧な指導と充実した練習環境で、あなたのドローン操縦スキルを確実にアップさせます。

実際の業務に近い環境で練習できる屋外飛行場は、FREEBIRDドローンスクールの大きな強みです。広々とした空間で、基礎練習から高度なテクニックまで磨き上げることができます。

 

ドローン操縦に興味がある方は、ぜひ無料体験説明会に参加し、スクールのこと、ドローン操縦のこと、何でもお気軽にご相談ください。夢を叶える第一歩をFREEBIRDドローンスクールで踏み出しましょう。

◇屋外練習に力を入れているスクールがおすすめ

 

ドローン資格取得に向けたスクール選びの際のポイントとして「屋内・屋外どちらの練習に力を入れているか」が重要です。実際のドローン業務に就く際は、風や気温、湿度の変化など、様々な環境下で飛行する必要があります。そのため、屋外飛行場での訓練が重要になってきます。屋外では実際の業務と同様に、風の影響による操縦感覚の変化を体験できます。

スクール卒業後は主に屋外で飛行することになります。屋内練習のみでは、いざ屋外に出て風があると戸惑ってしまうでしょう。そのため、屋外飛行場を備えたスクールや、屋外練習に力を入れているスクールを選ぶのが賢明です。

【京都】ドローン資格・ドローンスクールに関するコラム

京都でドローン資格が取得できるスクールをお探しならFREEBIRDドローンスクールへ

 

会社名    :株式会社FREEBIRD

スクール名  :FREEBIRDドローンスクール

住所     :〒612−0000 京都府京都市伏見区向島柳島1番地 JPD京都ヘリポート

電話番号   :070-9068-8784

対応時間   : 9:30~18:00

メールアドレスinfo@freebirdjapan9.net

URL     :https://www.freebirdjapan9.net/

bottom of page