top of page

【京都】ドローン資格取得のメリットと空撮で広がる活躍の場

ホーム > コラム一覧 > ​【京都】ドローン資格取得のメリットと空撮で広がる活躍の場

head-mv-06.jpg

【京都】ドローン資格取得のメリットは?ドローン空撮で広がる活躍の場も解説

近年、ドローンの普及が進み、プロによる高度な操縦技術が求められるようになってきました。ドローン操縦の資格を取得することで、安全かつ合法的な空撮が可能になるだけでなく、自身の技術を客観的に証明できるようになります。また、資格取得後は様々な分野で活躍の場が広がります。
こちらでは、ドローン操縦の資格取得のメリットと取得後の活躍の場について解説いたします。京都でドローン資格取得を目指す方はぜひ参考にしてください。

 

ドローン資格取得のメリット

ドローン操縦に資格は必須ではありませんが、資格を取得することで以下のようなメリットがあります。

◇合法的な空撮が可能になる

 

ドローンを使って空撮を行う際、法律で定められた規制に従わなければなりません。ドローン操縦の資格を取得することで、これらの規制に則った適正な飛行が可能となります。

例えば、以下のような空撮業務を合法的に行えるようになります。
 

ドローン資格取得のメリット

 

・建設現場の記録映像撮影
・不動産物件の空撮
・イベント・式典の記録映像撮影
・農地の状況確認など

資格取得により、法令を遵守した安全で適切な空撮業務が可能になり、ビジネスチャンスを広げることができます。資格の種類別に行える業務範囲が異なりますが、それぞれの目的に合わせて適切な資格を選択することが重要です。


 

◇技術を証明できる

 

資格取得の大きなメリットの一つが、自身のドローン操縦技術を客観的に証明できることです。

国土交通省認定の無人航空機操縦資格には、一等操縦士・二等操縦士の2種類があります。特に一等操縦士は高い技術力が求められますので、この資格を取得できれば、優れた操縦技術を有していることが証明されます。また、民間の資格でも一定レベル以上の技術を持っていることを示せます。

ドローン操縦の技術力を客観的に証明できれば、企業や個人から信頼を得やすくなり、高付加価値な業務に携わる機会が広がります。つまり、資格取得は新たなビジネスチャンスにつながるのです。

◇飛行申請時に申請項目を一部省略できる

 

ドローン資格を取得していれば、国土交通省航空局への飛行許可・承認の申請時に一部の書類を省略できるメリットがあります。

 

航空法により、上空150m以上の飛行や空港周辺、人口集中地区などでの飛行には、航空局への許可申請が義務付けられています。また、小型無人機等飛行禁止法により、国会議事堂や原子力事業所上空の飛行も許可が必要です。このとき、ドローン資格を取得していれば書類の一部を省略でき、申請手続きが簡素化されます。

ただし、安全運航には万全を期す必要があり、適切な飛行計画の策定や点検整備などの対策は欠かせません。飛行の際は必ず関係法令を確認し、適切に対応しましょう。

ドローン資格取得で広がる活躍の場

ドローン操縦の資格を取得すれば、様々な分野で活躍の場が広がります。

◇不動産・建設業界でのドローン空撮

 

不動産業界では、物件の空撮映像を活用することで魅力的な販促ツールとなっています。ドローンによる上空からの映像は、建物の外観や周辺環境をわかりやすく伝えられるメリットがあります。

一方、建設業界ではドローンを利用した測量や点検作業に活用されています。高所での作業が多い建設現場において、ドローンは安全性が高く、効率的に作業を進められます。

このように、ドローンの活用は不動産・建設業界で幅広く行われており、その需要は高まっています。ドローン資格を取得すれば、これらの業界で空撮を請け負うビジネスチャンスが広がるでしょう。

ドローン資格取得で広がる活躍の場

◇農業分野でのドローン活用

 

農業においてドローン活用のニーズが高まっています。ドローンを使えば、以下のようなメリットがあります。

 

・広大な農地の効率的な観察が可能

・農薬の散布作業が楽になる

・生育状況のデータ収集が容易になる

 

ドローン操縦のスキルがあれば、農家の方から依頼を受けられる可能性もあります。近年は農業分野でのドローン需要が高まっており、農業従事者へのドローン操縦指導なども行えます。

◇ドローン操縦講師

 

ドローン操縦の技術と知識を習得した後は、その経験を活かしてドローン操縦講師として活躍することもできます。講師として、初心者の方にドローンの基本操作から安全運用まで丁寧に指導する仕事です。

 

指導内容の例:ドローンの構造と機能・安全運航のための法令知識・実地練習(室内・屋外)

 

講師を目指すメリットは以下のとおりです。

 

・自身のスキルを発揮できる

・新たな収入源を得られる

・ドローン業界の発展に貢献できる

 

ドローン操縦講師を目指すには、一定の経験と高い技術力が求められますが、熱意があれば充実した活動が可能でしょう。

京都でドローン資格取得を目指すならFREEBIRDドローンスクールへ!

 

ドローン資格を取得すれば、安全かつ合法的な空撮が可能になり、事故のリスクも低減できます。さらに飛行申請時の手続きも一部省略できるメリットがあります。

資格を持つことで広がる活躍の場は多岐にわたります。不動産や建設現場、農業分野での利用はもちろん、イベントの記録映像撮影や測量・点検業務、ドローン操縦講師など、ドローンの活用範囲は今後も拡大していくことが予想されます。

ドローン空撮は今や多くの業界で必要不可欠なスキルとなっています。資格取得を目指し、ドローンオペレーターとしての新たな可能性を切り拓いてみてはいかがでしょうか。

 

FREEBIRDドローンスクールは、個々に合わせた丁寧な指導をモットーに、一人ひとりのレベルや目的に合わせた最適なカリキュラムを提供しています。

マンツーマンでの実技指導を基本としており、操作に苦手意識のある方でも、経験豊富なインストラクターが丁寧に指導するので安心です。

また、Eラーニングを導入しているため、自宅で好きな時間に講義を受講することができます。移動時間や費用の削減にもつながり、効率的に学習を進めることができます。さらに屋外での実地訓練を通して、実際の操縦環境に近い状態でスキルを磨くことができます。

無料の体験説明会も開催していますので、京都でドローン操縦を学びたい方は、ぜひお気軽にご参加ください。

◇イベント・式典の記録映像撮影

 

ドローンの空撮によって、様々なイベントや式典の映像記録が可能になります。高所からの映像撮影ができるため、以下のようなメリットがあります。

 

・広範囲の全景を捉えられる

・新しい視点で表現できる

・人混みなどの障害物を避けられる

 

例えば、コンサートやスポーツ大会、お祭りなどの屋外イベント、入学式や卒業式などの学校行事、結婚式などの記念日で活用できます。

◇測量・点検業務

 

ドローンは測量や点検業務においても重要な役割を果たします。ドローンを活用することで、これまで人力や大掛かりな機材を必要としていた作業が、合理化・効率化できるのです。例えば、建設現場における測量では、ドローンから取得した画像データを解析し、従来よりも正確な3次元地形モデルを作成できます。これにより、設計の精度向上や工期短縮が期待できます。

 

また、橋梁やタンク、風力発電機の点検業務でも、ドローンによる点検が有効です。高所での作業が不要になることで、安全性が飛躍的に向上します。

このように、ドローン操縦資格を取得することで、測量や点検の分野においても新しいビジネスチャンスが広がります。

【京都】ドローン資格・ドローンスクールに関するコラム

【京都】ドローン資格のことならFREEBIRDドローンスクールへお任せ!

 

会社名    :株式会社FREEBIRD

スクール名  :FREEBIRDドローンスクール

住所     :〒612−0000 京都府京都市伏見区向島柳島1番地 JPD京都ヘリポート

電話番号   :070-9068-8784

対応時間   : 9:30~18:00

メールアドレスinfo@freebirdjapan9.net

URL     :https://www.freebirdjapan9.net/

bottom of page