top of page

【京都・ドローンスクール】ドローン資格の種類と資格取得の流れを解説

ホーム > コラム一覧 > 【京都・ドローンスクール】ドローン資格の種類と資格取得の流れを解説

head-mv-01.jpg

【京都・ドローンスクール】ドローン資格の種類とは?資格取得の流れ・必要な準備を解説

ドローン操縦者を目指すための資格には、国家資格と民間資格の2種類があります。また、ドローン資格取得には以下のような流れがあります。

・資格の種類と内容を理解する
・資格取得のための準備をする(講習か一発試験かの選択、必要な知識や技術の習得)
・ドローンスクールの講習や試験を受ける
・資格を取得する


このように様々な準備が必要ですが、一歩ずつ着実に進めていけば、確実にドローン操縦者を目指せます。こちらでは、京都でドローンスクールを展開するFREEBIRDドローンスクールが、ドローン資格の種類と資格取得の流れについて解説します。

 

ドローン資格の種類と特徴:国家資格と民間資格

ドローン資格には大きく分けて、国家資格と民間資格の2種類があります。ドローン資格取得の流れとして、まずは資格の種類を理解したうえで必要な資格取得に向けた準備を行いましょう。

◇ドローンの国家資格の種類と概要

 

国家資格には操縦範囲に応じて、一等操縦士(一等無人航空機操縦士)と二等操縦士(二等無人航空機操縦士)の2区分があります。

・一等無人航空機操縦士:レベル4飛行(有人地帯での目視外飛行)までが可能
・二等無人航空機操縦士:レベル3飛行(無人地帯での目視外飛行)までが可能

ドローン資格の種類と特徴:国家資格と民間資格

 

一等操縦士は、二等操縦士よりも高度な技術や知識が必要とされるため、取得難易度も高くなります。一等または二等操縦士の資格を取得していれば、以下のメリットがあります。

・一等・二等共通:一定の飛行に際し、本来必要な事前申請を免除されるか、手続きが簡素化されます。
・一等限定:従来は原則禁止されていた「人がいるエリアでの飛行」が可能になります。


 

◇ドローンの民間資格の種類と概要

 

ドローンを操縦するために役立つ様々な民間資格があります。主な民間資格は以下のとおりです。

ドローン操縦士回転翼資格(DPA)
運営団体:DPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)
取得方法:認定校での講習修了、試験に合格
種類:ドローン操縦士回転翼3級、ドローン操縦士回転翼3級インストラクター
特徴:日本で最初のドローン操縦資格、実用的な知識と技術を習得可能

無人航空機操縦縦技能(JUIDA)
運営団体:JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)
取得方法:認定校での講習修了、試験に合格
種類:無人航空機操縦技能、無人航空機安全運行管理者
特徴:2015年から認定スクール制度を立ち上げ、質の高いテキストによる幅広い知識を習得

◆ドローン操縦士資格(JDA)
運営団体:JDA(一般社団法人日本ドローン協会)
取得方法:2日間の学科・実技講習と試験に合格
種類:1級~3級、インストラクター向け、農薬散布ドローン向け
特徴:2015年からドローン講習や検定会を実施、他団体資格保持者は2級から受講可能

DJI CAMPスペシャリスト(DJI)
運営団体:DJI(ドローンメーカー)
取得方法:認定講習機関での学科講習と試験に合格
条件:10時間以上の飛行操縦経験、DJI製品ユーザーマニュアル熟読、飛行業務従事
特徴:DJI認定インストラクターによる講習、実務経験豊富な人材育成

 

ドローン資格取得までの流れ

ドローン資格を取得するにあたり、いくつかの事前準備が必要です。こちらでは、国家資格を取得する場合の流れをご紹介します。

◇一発試験か講習受講かの選択

 

ドローン資格の取得方法には、一発試験と講習受講の2つの方法があります。一発試験は、講習を受けずに直接試験を受ける方法です。過去に十分な飛行経験がある場合は、一発試験で合格できる可能性もあります。ただし、合格率は低めなので、自身の知識・技術に自信がない場合は講習を受講することをおすすめします。

ドローン資格取得までの流れ

 

講習受講は、ドローンスクールなどで事前に講習を受けてから試験を受ける方法です。講習では学科と実技の両方を学ぶことができるため、未経験者でも合格しやすくなります。受講料はかかりますが、合格確率が高くなる分、費用対効果は良いでしょう。

 

◇資格レベルの選択

 

ドローン資格には複数のレベルがあり、目的に応じて適切なものを選択する必要があります。国家資格の場合、一等操縦士(一等無人航空機操縦士)と二等操縦士(二等無人航空機操縦士)の2つから選びます。目的に合わせて、飛行の自由度や費用面から最適なレベルを選択しましょう。

◇受講スクール選び

京都でドローンスクールをお探しならFREEBIRDドローンスクールへ

 

ドローン資格取得には一定の準備と手続きが必要です。スムーズに資格を取得するには、事前に十分な情報収集とスクール選びが重要となります。

FREEBIRDドローンスクールは、ドローンの操縦者を目指す方に理想の学習環境を提供しています。個々のニーズに合わせたマンツーマン指導で、一等操縦士・二等操縦士などの各免許に応じたスキルを確実に身につけることができます。初心者でも経験者でも、一人ひとりのペースに合わせて丁寧な指導を行います。

また、Eラーニングシステムを導入しています。これにより、いつでも均一の質を保った講義を受けることができます。再視聴が可能なため、理解が困難な部分も何度でも振り返り、自分の理解度に合わせて学びを進めることが可能です。
さらに、実際の業務に即した屋外での実地訓練を全ての生徒に提供しています。実際の空の下での訓練により、現場で求められるスキルを効果的に習得していただけます。

FREEBIRDドローンスクールでは、資格取得を目指すあなたを全力でサポートします。体験説明会では、資格や講義内容、費用について丁寧にご説明し、あらゆる疑問を解消します。もちろん体験は無料です。
ドローン操縦士としての第一歩を踏み出すために、ぜひ体験説明会にご参加ください。このチャンスを活かして、あなたのドローン操縦士としての夢を実現しましょう。
 

 

講習受講を選んだ場合は、受講するスクールを選びます。ドローンスクールを選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

◆目指す資格の種類
取得を目指す資格によって、スクールが提供するカリキュラムは異なります。

◆スクールの所在地
実技講習では実際にドローンを飛行させる必要があるため、自宅から通える範囲のスクールを選ぶことが重要です。

◆講習料金
目指す資格や講習内容によって、講習料金は異なります。事前に複数のスクールの料金を比較し、予算内で選びましょう。


 

◇講習受講・試験受験

 

ドローンの国家資格取得には、学科講習と実地講習の受講が必要となります。


・学科講習:航空法規や気象など、ドローン操縦に必要な知識を学びます。
・実地講習:実際のドローンを使った飛行操作の訓練を行います。指定の飛行場や練習場で、資格に応じた所定の飛行時間を満たす必要があります。


国家資格の場合、講習修了後は学科試験を受験します。学科試験はCBT(Computer Based testing)方式で、航空法規などの知識を問われます。また、身体検査も必要です。なお、ドローンスクールで国家資格講習を受けた場合は実地試験が免除されます。


 

◇資格取得手続き

 

ドローン資格を取得するための最終手続きとして、以下の2つの申請を行います。

◆試験合格証明書の発行申請
試験・検査に合格後、無人航空機操縦士試験申込システムから申請を行います。

◆技能証明書の交付申請
試験合格証明書が発行されたら、技能証明書の交付申請を行います。

これらの手続きを完了すれば、資格取得が正式に認められます。

 

【京都】ドローン資格・ドローンスクールに関するコラム

京都のドローンスクールで資格取得をお考えならFREEBIRDドローンスクールへ

 

会社名    :株式会社FREEBIRD

スクール名  :FREEBIRDドローンスクール

住所     :〒612−0000 京都府京都市伏見区向島柳島1番地 JPD京都ヘリポート

電話番号   :070-9068-8784

対応時間   : 9:30~18:00

メールアドレスinfo@freebirdjapan9.net

URL     :https://www.freebirdjapan9.net/

bottom of page